「生誕100年 谷内六郎展 いつまで見ててもつきない夢」

横須賀美術館
12月12日終了

アーティスト

谷内六郎
昭和31(1956)年に創刊された『週刊新潮』の表紙によって、全国区の存在となった画家・谷内六郎(1921-81)。原画の数は約1300点にのぼり、そのほぼ全てが横須賀美術館に所蔵されています。

本展では、『週刊新潮』表紙絵をはじめ、戦後まもなく発行された漫画本、兄が経営する「らくだ工房」で作られた染色作品、第1回文藝春秋漫画賞を受賞した抒情的な初期作品群、装丁本、子どものための手作りオモチャまで、幅広い仕事をご紹介します。谷内六郎の全貌を貴重な原画や印刷物で一挙にふり返る回顧展です。
(ほか、横須賀ゆかりの画家・朝井閑右衛門の作品なども所蔵品展にてあわせてご紹介します)

AD

スケジュール

2021.09.25(土)~2021.12.12(日)

10月4日・11月1日・12月6日は休館

会場の開館情報

10:00 ~ 18:00
毎月第1月曜日休館(ただし祝日の場合は開館)、年末年始休館
入場料一般 380円、高校生・大学生・65歳以上 280円、中学生以下 無料
展覧会URLhttp://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/josetu/sho2103.html
会場横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/
住所〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4-1
アクセス京急本線馬堀海岸駅より京急バス「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車徒歩2分、京急本線浦賀駅より京急バス「観音崎」下車徒歩5分、JR横須賀駅より京急バス35分「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車徒歩2分
電話番号046-845-1211

AD

AD