夏休みはどこへ行く?美術館の割引アプリ「ミューぽん」が、夏休み限定で全国に拡大!!

夏ミューぽん本格スタート!この夏休みは、全国各地でアートな旅を楽しもう。

In TABからのお知らせ by Chikako Yamamoto 2014-07-18

いよいよ夏本番!「夏ミューぽん」本格スタートのお知らせです!!

Tokyo Art Beatによる美術館・アートイベントの割引アプリ、「ミューぽん」。関東圏のアートファンの定番アプリとして愛される人気アプリです。そんな「ミューぽん」がこの夏、全国に拡大!北は青森から南は鹿児島まで、なんと18ものアートイベントで割引を受けられるようになります。(追加・変更の可能性あり)

さらに、アプリ価格の夏休みセールも7月19日(土)より実施。2014年末まで様々なイベントで割引が使えて、200円です!この夏はぜひ、旅先でもミューぽんを活躍させてくださいね。ミューぽんの割引は一部をのぞき学割併用もできるので、学生の皆さんも要チェックです。

割引は7/1(火)より順次公開中、各展覧会の会期末まで掲載します。早速、気になるイベントをご紹介していきます!先行掲載の紹介記事はこちら。(※全ての掲載イベントは記事の末尾を御覧ください。)

KABlog2

Kansai Art Beatの協力により、特に充実しているのが関西地域のイベントです!

中でも、兵庫県内では5館の展覧会がミューぽんで割引になります。「具体」結成の地である兵庫県芦屋市での「GUTAI × INTERNATIONAL – 具体、海を渡る。」展や、兵庫県立美術館の触れて鑑賞できるシリーズ小企画「横山裕一 これがそれだがふれてみよ」、神戸ファッション美術館がナショナルジオグラフィック誌の協力を得て開催する「世界のファッション – 100年前の写真と衣装は語る -」なども気になりますね。

TABlog1

もちろん関西地域以外も面白そうなイベントがたくさん。

青森県にある十和田市現代美術館「そらいろユートピア展」では、東日本大震災をきっかけに切り拓かれた、人々が助け合うゆるやかな共同体の温かさ、小さなユートピアともいえる場や活動を考えます。震災から3年、東北の地で向き合ってみてはいかがでしょうか。

草間彌生の出身地、長野県松本市の松本市美術館「たぐ展☆TAG-TEN」では、現代美術コレクター田口弘のコレクションより、松本市内の小学生6347人が作品を選び展示。どのような展示になるのでしょう?草間彌生の初期から最新作までを見られるコレクション展も注目です。

広島県は世界で初めて被爆の悲劇を体験した土地です。広島市現代美術館では、コロンビア出身の現代美術家ドリス・サルセドの個展を開催。展示室全体を死者を悼むための場に変容させ、再生への願いを込めた作品を展示します。

TABlog2

そして、夏のアートフェスティバルもミューぽんで!

滋賀県にて、今年で6度目をむかえるBIWAKOビエンナーレ2014の舞台は、近江八幡旧市旧市街。空き町家や元造り酒屋など、伝統の技で建てられた江戸期の建物が中心です。アーティストたちの作品はどのように輝くのでしょうか?Kansai Art Beatスタッフ一押しのイベントです。

兵庫県神戸市の六甲山の、自然の中で繰り広げられる「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014」はピクニック気分で楽しめそうなイベントです。淺井裕介、加藤泉ら招待アーティストと、公募で選ばれたアーティストたち総勢30組以上が参加する予定!

今年はヨコハマトリエンナーレ2014もありますから、ミューぽんを使い倒してくださいね!!

各地へ旅行で出かけてアートイベントを訪れる楽しさのひとつは、その土地の記憶や文化に触れること。普段訪れる機会のない旅先の美術館へ、ミューぽんをきっかけに足を運んでみてください。きっとその土地ならではの発見があるはずです!

ミューぽんは7/19(土)〜8/31(日)まで、アプリ価格200円の夏休みセールを実施します!!!この機にぜひゲットしてみてください。

割引アプリ「ミューぽん」のダウンロードはこちらから。

badge_ios

GooglePlay

最新情報は「ミューぽん」のTwitterアカウントにて発信中。
@mupon_app

夏休み限定「ミューぽん」割引対象展覧会の一覧(地図はこちら

【青森県】
青森県立美術館「美少女の美術史『少女』について考えるための16の事柄」展 7月12日〜9月7日

十和田市現代美術館「そらいろユートピア展」会期中〜9月23日

【長野県】
松本市美術館「たぐ展☆TAG-TEN」7月19日~9月28日

【愛知県】
豊田市美術館 ジャン・フォートリエ展 7月20日~9月15日

【滋賀県】
BIWAKOビエンナーレ2014 9月13日〜11月9日

【京都府】
細見美術館「デミタス コスモス – 宝石のきらめき★カップ&ソーサー – 」会期中~9月28日

美術館「えき」KYOTO「海洋堂50周年記念 海洋堂フィギュアワールド」8月1日〜8月31日

【大阪府】
あべのハルカス美術館 デュフィ展 8月5日〜9月28日

国立国際美術館「ノスタルジー&ファンタジー 現代美術の想像力とその源泉」会期中〜9月15日

【兵庫県】
伊丹市立美術館 ビネッテ・シュレーダー 「美しく不思議な世界」会期中〜8月31日

芦屋市立美術博物館「GUTAI×INTERNATIONAL – 具体、海を渡る。 – 」 会期中〜9月7日

神戸ファッション美術館「世界のファッション – 100年前の写真と衣装は語る – 」7月19日~10月7日

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014 9月13日〜11月24日

横尾忠則現代美術館 横尾忠則 「枠と水平線と…グラフィック・ワークを超えて」会期中~9月28日

兵庫県立美術館 横山裕一 「これがそれだがふれてみよ」7月19日~11月9日

【香川県】
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館「拡張するファッション」 会期中~9月23日

【広島県】
広島市現代美術館「第9回ヒロシマ賞受賞記念 ドリス・サルセド展」7月19日~10月13日

【鹿児島県】
鹿児島県霧島アートの森「会田誠展 世界遺産への道!! 会いにいけるアーティストAMK48歳」7月18日~9月23日

Chikako Yamamoto

Chikako Yamamoto. ブラジル生まれのスペイン育ち。バルセロナでは現地の現代美術家コミュニティとのかかわりの中で育ち、帰国後、アートや美術館が身近な存在でないことにカルチャーショックを受ける。大学卒業後は一般企業に就職。紆余曲折を経て、2011年2月よりTokyo Art Beatに加わる。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use