最終更新:2021年10月24日

「3331 ART FAIR 2021」が10月末に開催。若手工芸作家の新作やNFTアートも

この秋開催されるアートフェア、注目の企画を紹介。[AD]

東京・千代田区の3331 Arts Chiyodaにて、10月29日から31日まで「3331 ART FAIR 2021」が開催される。
今回で10回目を迎える本フェアは2013年にスタート。 「見本市」や「作品の売買」にとどまらず、コミュニケーションやインスピレーションの場として「芸術性と市場性」を問う、オルタナティブなアートフェアを標榜してきた。

今年の「3331 ART FAIR 2021」は、アートギャラリーやオルタナティブスペース、美術大学、そして 3331 Arts Chiyoda 館内のギャラリー・団体が出展するほか、マーケットや批評性など多角的な視点からアート作品と出合うことができる様々な企画が行われる。ここではそのみどころを紹介したい。

NFTアートの展示・販売

ブロックチェーンや NFT アートの入門編かつ先駆的な企画を開催。美術界の新たな潮流としていま注目を集めるNFT アートに、スタートバーン株式会社の特別協力のもと、3331 Arts Chiyoda ならではの切り口でアプローチする。出品予定アーティストは、藤幡正樹、中ザワヒデキ、藤本由紀夫ら。アナログからデジタルへの移行期を経験し、メディア・アートの先駆者であるアーティストたちの貴重な NFT アートが展示・販売される。

若手工芸作家の特別展示・販売に参加する簑輪孝治の作品
若手工芸作家の特別展示・販売に参加する亘章吾の作品

若手工芸作家の展示・販売

若手工芸作家を社会で応援する試み FPP(ファースト・パトロネー ジュ・プログラム)とのパートナーシップによる特別展示を開催。全国で活躍する工芸家より推薦された10〜30代の次世代の作家たちによる器やオブジェなど、新作含む工芸品を展示・販売する。

特別展「のけもの」

気鋭の作家が集う、屋上の特別展

吉田山(散歩詩人/FL田SHディレクター)が主催・キュレーションする特別展「のけもの」が、3331 Arts Chiyodaの屋上を舞台に開催。出品アーティストとして、千葉大二郎、藤倉麻子、光岡幸一、森山泰地の4名が立体作品を発表するほか、注目のシンガーソングライター、さらさが展覧会主題歌を制作。展覧会の空間計画は、新宿ホワイトハウスのリノベーションを手がけた建築家コレクティブ、GROUPが担当する。さらに展覧会タイトルは辺口芳典が設定し、刺繍帽をヌケメが作成。また占い師にハイヒトミ、グラフィックデザインに八木幣二郎と、多才なアーティストたちが名を連ねている。本展は、同じく吉田山がキュレーションし今年2〜3月に東京・外苑前のEUKARYOTEで開催された「FLUSH-水に流せば-」の巡回展となる。ギャラリーのディレクターや散歩詩人として、多様な活動を行う吉田山のキュレーションによって、どんな展示空間が立ち現れるのか注目だ。

もちろん、フェアの中心となるギャラリーブースも見逃せない。1階メインギャラリーのホワイトキューブには、老舗から新進気鋭まで26のギャラリーが出展。今年は、eitoeiko、EUKARYOTE、CAVE-AYUMIGALLERY、SNOW Contemporary、√K Contemporaryが初出展する。また、3331 Arts Chiyodaの館内からは6つのギャラリーが参加する。
2階の体育館では、全国の美術館学芸員やインディペンデント・キュレーターら6名と、館内のギャラリーが気鋭のアーティストを選出。アートギャラリーで活躍する作家からギャラリーに所属しない作家、オルタナティブな場所を構えて活動する作家まで、領域を超えるスタイルで制作・発表を続ける全国のアーティスト計60名が、体育館を中心に館内各所、サテライト会場のNOHGA HOTEL TOKYO(秋葉原、上野の2ヶ所)で出品する。

2階体育館で出品する、EKKO《太陽と海》(2021)
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAより、大槻拓矢《風景》(2020) Photo by Takeru Koroda

会期中のイベントなど、詳細は決定しだい公式ウェブサイトで発表されるため、そちらもチェックしてほしい。

3331 ART FAIR 2021
開催期間:2021年10月29日〜10月31日
会場:3331 Arts Chiyoda
入場料:一般2500円、シニア(65歳以上)2000円、学生1000円、
*一部エリア無料(Selection-ROOFTOP、Galleries-B1F/2F、ファースト・パトロネージュ・プログラム 第5回 2021秋)
*高校生以下無料 *千代田区民は身分証明書のご提示で無料
*障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料 *期間中再入場可

前売り(一般のみ)2000円
*ArtStickerにて発売中 https://artsticker.app/events/828

AD

Art Beat News

Art Beat News

Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。

AD

AD