ゴッホにモネ、なぜ環境団体は「絵画」を標的にするのか? ウクライナ侵攻後の欧州情勢や思想的背景から探る(文・増田麻耶)

2022年12月1日

映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』レビュー。電気に導かれた"猫の画家"の光と影

2022年11月30日

具体の解体と再編成。「すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合」(大阪中之島美術館、国立国際美術館)レビュー(評:中嶋泉)

2022年11月29日

新海誠監督『すずめの戸締まり』レビュー:「平成流」を戯画化する、あるいは〈怪異〉と犠牲のナショナリズム(評:茂木謙之介)

2022年11月25日

【エッセイ】平松洋子が見た「マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち」展(DIC川村記念美術館)。マン・レイの愛おしさに触れる

2022年11月17日

AD

展示と新聞で「反戦」「非暴力」の声を届ける。秋田市文化創造館「Summer 2022」レビュー(文:中川千恵子)

2022年11月17日

シュウゾウ・アヅチ・ガリバー「消息の将来」展レビュー。「現代美術史」を検証する(評:小田原のどか)

2022年11月17日

『RRR』レビュー:豪華絢爛で秀逸なアクション、その背後に影を落とすものとは。『バーフバリ』のS.S.ラージャマウリ監督最新作を夏目深雪が論じる

2022年10月27日

ドクメンタ15におけるルアンルパの挑戦:《ルル学校》の実践で生まれたフォーマット

2022年10月21日

MoMAで開催中のヴォルフガング・ティルマンス回顧展をレビュー。「To look without fear」展が示す人生の価値とは(文:國上直子)

2022年10月14日

住宅建築の名手・中村好文が見た、ジャン・プルーヴェ展とフィン・ユール展

2022年9月26日

青い光と幽霊を巡る旅。国際芸術祭「あいち2022」レビュー(評:高橋綾子)

2022年9月21日

ルーツとアーツ、そのあいだの「&」と「/」。「ROOTS & ARTS SHIRAOI 2022 -白老文化芸術共創-」を訪ねて

2022年9月21日

布施琳太郎個展「新しい死体」レビュー:詩と死の邂逅による死体の検証(評:伊藤結希)

2022年9月20日

AD

永井玲衣×菅原伸也、ふたりが見た「MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ」展(東京都現代美術館)。 言葉や差異をめぐる4作家の作品から考えたこと

2022年9月13日

AD

遠藤薫《重力と虹霓・沖縄》を読む。パラシュートとコーラ瓶がつなぐ、工芸、沖縄戦、ポップアート、宇宙主義(評:沢山遼)

2022年9月8日

【書評】卯城竜太『活動芸術論』。Chim↑Pomの歩みと未来の「公」の概念を問う、支持者・批判者双方の必読書(評:山本浩貴)

2022年9月8日

アフリカ系アメリカ人として生きる「怯え」と文化的混血性。ラシード・ジョンソン「Plateaus」レビュー(評:石川卓磨)

2022年8月25日

AD

...