最終更新:2022年2月28日

ロシアの攻撃によってウクライナの国民的芸術家の作品が焼失。文化情報政策大臣がロシアのユネスコ加盟国の権利剥奪を要請

素朴派を代表する芸術家マリア・プリマチェンコの作品

マリア・プリマチェンコ 双頭の鶏 1977

ウクライナ外務省は日本時間2月28日、ロシアの侵攻によって、ウクライナを代表する芸術家マリア・プリマチェンコの作品が焼失したと発表した。キーウ(キエフ)州にあるイバンキフ歴史郷土史博物館(Ivankiv Historical and Local History Museum)が火事になり、収蔵されていた約25点が燃えたという。

マリア・プリマチェンコ(1908〜1997)はイバンキフで農家の家に生まれた。絵画のほか刺繍作品や陶磁器の絵付けなどを手がけ、ウクライナの生活に根付く民話やお伽噺をもとにした動物などのモチーフや装飾を描いた。1966年にはウクライナの権威ある賞であるタラス・シェフチェンコ国立賞を受賞するなど、ナイーヴ・アート(素朴派)の作家として国内外で評価を受けている。

マリア・プリマチェンコ ウクライナの雄牛 1977 出典:Wikimedia Commons
マリア・プリマチェンコ 平和のための花 1965 出典:Wikimedia Commons
ウクライナ国立銀行の発行するマリア・プリマチェンコ生誕100周年記念貨幣(2008) 出典:Wikimedia Commons
マリア・プリマチェンコ 出典:『Maria Prymachenko 100』(Rodovid Press)https://www.amazon.com/Maria-Prymachenko-Lidia-Lykhach-Honchar/dp/9667845559

ウクライナのオレクサンドル・トカチェンコ文化情報政策大臣は、ユネスコに対しロシアの加盟国の権利剥奪と、2022年の夏にロシアのカザンで開催される第45回世界遺産委員会の開催地変更を要請したと発表した。

AD

Art Beat News

Art Beat News

Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。

AD

AD