最終更新:2022年7月14日

下北沢で新たなアートフェスティバル。NFTを体感する「ムーンアートナイト下北沢」が9月に開催

9⽉10⽇(土)〜9月25日(日)。参加する店舗や施設、アーティストやクリエイター、展示や催し企画などを募集中。

最新カルチャーの拠点・下北沢で、NFTを楽しめるアートフェスティバル

東京・下北沢の周辺エリアにて、NFTを体感できるアートフェスティバル「ムーンアートナイト下北沢」が開催される。会期は2022年9⽉10⽇(土)〜9月25日(日)。
主催は小田急電鉄株式会社。 共催・総合プロデュースは、ブロックチェーンひいてはNFTを活用して、アート作品の真正性・信頼性担保と価値継承を支えるインフラ「Startrail」を構築する、スタートバーン株式会社。

会場は、東北沢駅・下北沢駅・世田谷代田駅をつなぐ「下北線路街」を中心としたエリアとなる。

本フェスティバルは「月」という共通のテーマを軸に、飲食店やアパレルショップ、劇場や映画館など、様々な店舗や施設が参加し、アートに限らず幅広いカルチャーやクリエイティブの魅力が触れ合う機会を提供するという。

現時点では、下北線路街 空き地や北澤八幡神社などを会場としてオーストラリア、タスマニアを拠点とするアーティストのAmanda Parer(アマンダ・パーラー)や、彫刻、ライブ・アート、インスタレーションなど多岐にわたる表現方法で、国際的に活躍するイギリス在住のヴィジュアル・アーティストLuke Jerram(ルーク・ジェラム)の参加が決定。

またクリエイティビティ溢れる店舗、住宅、文化設備を備える商店街型スペース「BONUS TRACK」や、北澤八幡神社などを含む下北線路街の周辺エリアの参加が決定している。

さらに現在、参加する店舗や施設、アーティストやクリエイター、展示や催し企画などを募集中。参加を検討する場合は、問い合わせフォーム(https://forms.gle/XUTJUjfWQw1MmYsc9)まで問い合わせのこと。

アマンダ・パーラー
アマンダ・パーラー Intrude
ルーク・ジェラム
ルーク・ジェラム Museum of the Moon

フェスティバルのコンセプトは、以下の通り発表されている。

「ムーンアートナイト下北沢」コンセプト
下北沢は、「世界で最もクールな街」「個性的な街」として知られ、コミュニティ主体で新しい街のあり方を追求しています。そんな懐古的かつ進歩的というアンビバレントさを持つ下北沢の街を舞台に選びました。

本アートフェスティバルのテーマである「月」は、平安時代に和歌に詠まれるなど、古来より人々に親しまれてきた対象であると同時に、宇宙旅行や月面都市などの未来を想わせるモチーフでもあり、この多面性は下北沢の様相との近しさを感じさせます。

深淵な「月」の世界観との共存により、多彩な「下北沢の街」の新たな魅力を発信・発見することを目的に、アートやクリエイティブのための革新的な技術と触れ合う機会を提供します。


NFTの活用方法
「ムーンアートナイト下北沢」に参加するアーティスト、店舗や施設は、独自のデジタル作品にNFTを発行して来場者に提供できます。アーティストからは作品展示の来観証明として、店舗や施設からは来店・注文時のノベルティとして、限定エディションで提供されることを想定しています。店舗や施設によって提供されるデジタル作品の制作は、参加アーティストやクリエイターとのコラボレーションを予定しています。また「ムーンアートナイト下北沢」では、宝探しやスタンプラリーのようにNFTを楽しめる企画を予定しています。

NFTをはじめとした新たな動向と社会をつなぎ、また日本国外のプレイヤーを巻き込みながら、シモキタカルチャーと海外のアートシーンをつなぐ架け橋としての活動していくという「ムーンアートナイト下北沢」。2022年以降も継続的な開催を見込んでいるとのことで、今後の展開に注目したい。

ムーンアートナイト下北沢

会期:2022年9⽉10⽇(土)〜 9月25日(日)
時間:15:00 〜 22:00(予定)
会場:「下北線路街」を中心としたエリア(東北沢駅・下北沢駅・世田谷代田駅の周辺)
主催: 小田急電鉄株式会社
共催・総合プロデュース:スタートバーン株式会社
共催:下北沢商店連合会
協力:株式会社散歩社、北澤八幡神社 
アートディレクション:村上雅士[㎡|emuni]
特設サイト:http://moonartnightfes.com/

■ 参加募集
「ムーンアートナイト下北沢」は、参加するアーティストやクリエイター、店舗や施設を募集します。参加をご検討中の方は、お気軽にお問い合せください。主な参加方法の概要は下記のようなものが想定されますが、具体的な内容については個別にご相談させていただきます。8月15日までに参加が決定した場合には、会場マップに掲載いたします。

アーティストやクリエイター
-イベントに合わせた自主企画の開催
-参加店舗や施設が来場者に提供するNFT付きデジタル作品の制作コラボレーション

店舗や施設
-作品の展示やワークショップ、その他イベントの実施
-「月」をテーマにしたコラボレーション商品・メニューの提供
-参加アーティストやクリエイターとのコラボレーションによってデジタル作品を制作し、NFTを付けて来場者へ提供

パートナー企業・団体
-イベントへの協賛・協力

問合せ: スタートバーン株式会社
https://forms.gle/XUTJUjfWQw1MmYsc9

AD

Art Beat News

Art Beat News

Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。

AD