最終更新:2022年5月18日

奈良美智の3つの展覧会を追って。「ナラヒロ ドキュメント展(仮)」が9月からスタート

弘前での初展覧会から20年。奈良美智と地域とボランティアの軌跡を追う展覧会が弘前れんが倉庫美術館で開催

「YOSHITOMO NARA + A to Z」展示風景(2006) ©︎ Yoshitomo Nara 撮影:永野雅子

3つの展覧会を振り返るドキュメント展

青森県弘前市出身、そして国際的に活躍する画家・奈良美智の新たな展覧会の情報が発表された。

弘前れんが倉庫美術館で2022年9月17日から翌年の1月29日まで開催される「ナラヒロ ドキュメント展(仮)」は、2002年に弘前市内の煉瓦倉庫で開催された「I DON'T MIND, IF YOU FORGET ME.」の巡回展、同じく煉瓦倉庫で2005年と2007年に開催された3つの個展をふりかえる展示だ。

「YOSHITOMO NARA + A to Z」開催中の様子(2006) 提供:NPO法人 harappa

「ナラヒロ(奈良美智 弘前)」の愛称で親しまれたこれらの展覧会は、当時の倉庫所有者である吉井酒造社長の吉井千代子と奈良の出会いから生まれ、市内外から集まった大勢のボランティアが主体となって実現した地域にとって大切な記憶でもある。そこでの成果や情熱は、それまで美術館をもたなかった弘前に今回の会場となる弘前れんが倉庫美術館が作られる原動力になったという。

その歩みを振り返る今回の展覧会では、3つの展覧会を当時の印刷物、グッズ、記録映像などの資料、写真家の永野雅子と細川葉子による写真展から紹介していく。また、過去に出品した奈良の作品の展示も予定されている。

日本全国に広がった地域とアートのかかわりはこの約20年でさらに強まり、新しい世代、鑑賞者、関係者も巻き込みながら変化している。そういった時代の変遷も感じられる展覧会になるだろう。

奈良美智 A to Z Memorial Dog 2007 ©︎ Yoshitomo Nara Photo by Naoya Hatakeyama

ナラヒロ ドキュメント展(仮)

会期:2022年9月17日〜2023年1月29日
開館時間:9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:火、12月26日〜1月1日
https://www.hirosaki-moca.jp/

AD

Art Beat News

Art Beat News

Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。

AD

AD