ティルマンス呼びかけのキャンペーン「2020Solidarity」:日本からは9のスペースが参加

ヴォルフガング・ティルマンス主宰の支援キャンペーン「2020Solidarity」、日本からは9のスペースが参加

In Art Beat News by Art Beat News 2020-05-28

写真家のヴォルフガング・ティルマンスが主宰し、民主主義、LGBT、アートに関しての知識を広め、理解を得ることを目的とした活動を行う非営利団体「Between Bridges」。

これまでにイギリスのEU残留や欧州議会議員選挙のためのキャンペーンなどを展開してきた「Between Bridges」が今年4月、新型コロナウイルスのパンデミックを受けポスタープロジェクト「2020Solidarity」を立ち上げた。

この「2020Solidarity」は、50人以上の国際的なアーティストが一堂に会し、それぞれ1枚ずつポスターをデザインするキャンペーン。ポスターは新型コロナウイルスの影響で経済的危機に直面する世界の文化・音楽関連の施設、コミュニティプロジェクト、その他のインディペンデントスペースに配布され、ポスター販売時の収益は各団体の活動資金に充てられる。

参加アーティストは、主宰のティルマンスのほかウィリアム・エグルストン、マルレーネ・デュマス、ジェフ・クーンズ、ピエール・ユイグ、イザ・ゲンツケン、アンドレアス・グルスキー、トーマス・ルフ、エリザベス・ペイトン、ミン・ウォンら50名以上。参加アーティストは今後も増えていく予定だという。

アムステルダム、ニューヨーク、ロンドン、香港など各地の団体やスペースがこのプロジェクトに参加しポスターを販売してきたが、このたび日本からはamalaASAKUSAclinicダイトカイ、IACK、POST、torch Press、twelvebooks、Utrechtの参加が決定。5月27日~6月30日までの期間限定で販売を行っている。価格はポスター1枚につき6000円(税込/送料込み ※日本国内のみのお渡し)、購入者へのポスター到着は2020年8月下旬予定。

取り扱いポスターは各スペースで異なるため、「2020Solidarity」公式サイトのポスターキャプション、あるいは各スペースのウェブサイトでチェックを。

amala:https://www.amalaworld.com
ASAKUSA:https://www.asakusa-o.com/2020solidarity/
clinic:https://clinictokyo.theshop.jp
ダイトカイ:https://daitokai.tumblr.com
IACK:https://www.iack.online
POST:http://post-books.jp
torch Press:https://www.torchpress.net
twelvebooks:https://ja.twelve-books.com
Utrecht:https://utrecht.jp

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use