京都が舞台、アーティスト主導のアートフェア:ARTISTSʼ FAIR KYOTO 2021が3月開催へ

伝統から革新を生み出してきた京都から、現代アートシーンの最前線を体感[PR]

poster for Artists’ Fair Kyoto 2021

「ARTISTS' FAIR KYOTO 2021」

関東:その他エリアにある
京都府京都文化博物館にて
本日開始, 1日後終了

In Art Beat News by Art Beat News 2021-02-19

2018年に京都で誕生した、現代アートのアートフェア「ARTISTSʼ FAIR KYOTO」。その第4回となるARTISTSʼ FAIR KYOTO 2021が京都府京都文化博物館 別館、京都新聞ビル 地下1階の2会場で行われる。

このフェアの大きな特徴は、アーティスト自身が企画・運営・出品する、美術展とアートフェアの境を取り払った、新たなアートイベントでもあるということ。2021年は「Singularity of Art(シンギュラリティ オブ アート)」をテーマに、ディレクターに椿昇、若手アーティストを推薦するアーティスト「アドバイザリーボード」には、井口皓太、池田光弘、薄久保香、大庭大介、加藤泉、金氏徹平、鬼頭健吾、塩田千春、鶴田憲次、中村裕太、名和晃平、松川朋奈、宮永愛子、Mon Koutaro Ooyama、矢津吉隆、ヤノベケンジ、Yotta17名を迎える。

それぞれ異なる視点からのキュレーションと公募により選出された、可能性溢れる若手アーティストは43組。重要文化財でもある京都府京都文化博物館別館、かつて印刷工場だった京都新聞ビル地下1階のという特色ある場所を展示空間に変え、絵画からテクノロジーを駆使したインスタレーションまで、多種多様な表現手法の作品が展示、販売される。

新型コロナウイルス感染症の影響により、中止を余儀なくされた昨年のフェア。今回の「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021」では、新型コロナウイルス感染症対策への取り組みを行うとともに、安心して作品を見られるよう日時指定の事前予約制にて開催。伝統から革新を生み出してきた京都から現代アートシーンの最前線を体感できる、2日間かぎりのアートフェアが再始動する。

さらに今回より、若手アーティストの活動支援をする「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021 Akatsuki ART AWARD」を開催。審査委員に、 飯田志保子(キュレーター)、中井康之(国立国際美術館研究員)、山峰潤也(一般財団法人東京アートアクセラレーション共同代表/ANB Tokyoディレクター)を招聘し、ディレクターの椿昇とともに、「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021」に出品するアーティストの中から受賞作品を決定する。 最優秀賞に輝いた作品は、アートコンプレックス「ANB Tokyo」での個展が開催される。

なお、ARTISTSʼ FAIR KYOTOではサテライトイベントも開催。千丸屋京湯葉本店、藤井大丸、新風館、庵町家ステイ「三坊西洞院町町家」などの京都市各所で気鋭アーティストたちの展覧会が行われるため、あわせて訪れることをおすすめする。

■ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021 開催概要
日程:2021年3月6日、7日
会場:京都府京都文化博物館 別館/京都新聞ビル地下1階
時間:10:00~18:00
URL:https://www.artists-fair.kyoto/
入場料:一般 1800円、学生 1000円(学生無料 要・学生証) ※京都新聞ビル地下1階は無料
主催:京都府、ARTISTS’ FAIR KYOTO 実行委員会
共催:京都新聞
後援:京都商工会議所、一般社団法人京都経済同友会

【若手アーティスト:43組】()内は推薦アーティスト、又は公募選出者
東慎也(鬼頭健吾)/飯田美穂(公募)/WHOLE9(Mon Koutaro Ooyama)/大河原光(松川朋奈)/太田桃香(椿昇)/岡田佑里奈(大庭大介)/奥山帆夏(薄久保香)/國政サトシ(中村裕太)/黒坂祐(大庭大介)/小嶋晶(鶴田憲次)/合田徹郎(塩田千春)/佐々木光(宮永愛子)/佐藤壮馬(公募)/佐貫絢郁(鬼頭健吾)/許芝瑜(金氏徹平)/渋谷七奈(加藤泉)/清水浩三(中村裕太)/たかくらかずき(井口皓太)/高瀬栞菜(公募)/竹内義博(大庭大介)/田島大介(公募)/土取郁香(薄久保香)/椿野成身(池田光弘)/中澤ふくみ(Yotta)/長島伊織(松川朋奈)/NAZE(井口皓太)/西垣肇也樹(椿昇)/野田幸江(名和晃平)/檜皮一彦(ヤノベケンジ)/藤田紗衣(金氏徹平)/藤野裕美子(塩田千春)/藤本純輝(池田光弘)/札本彩子(塩田千春)/前端紗季(椿昇)/MIZPAM(Mon Koutaro Ooyama)/溝渕珠能(矢津吉隆)/宮坂直樹(公募)/山越美佳(公募)/山田康平(名和晃平)/山中雪乃(Yotta)/油野愛子(薄久保香)/REMA(ヤノベケンジ)/六根由里香(矢津吉隆)
【アドバイザリーボード・ディレクター:8組】
池田光弘/大庭大介/鬼頭健吾/塩田千春/松川朋奈/Mon Koutaro Ooyama/Yotta/椿昇

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use