新たな時代を切り開く表現が一堂に。「第24回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」が9月開催へ

3693作品の中から選ばれた受賞作品の展示・上映や、関連イベントも実施[AD]

poster for The 24th Japan Media Arts Festival

「第24回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」

お台場、勝どきエリアにある
日本科学未来館にて
このイベントは終了しました。 - (2021-09-23 - 2021-10-03)

In Art Beat News Main Article 3 by Art Beat News 2021-09-09

文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門の優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品を鑑賞できる、国内でもっとも大きなメディア芸術の総合フェスティバルのこと。1997年に第1回が行われて以来、新たな表現を紹介し続けてきた。

その24回目となる「第24回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」が、9月23日から10月3日まで、東京・お台場の日本科学未来館を中心に開催される。

今年は、世界103の国と地域から応募された3693作品の中から、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4つの部門ごとに、大賞、優秀賞、ソーシャル・インパクト賞、新人賞、U-18賞を選出。また、世界34の国と地域から応募された114作品の中から、フェスティバル・プラットフォーム賞も選ばれたほか、メディア芸術分野に貢献のあった者へ功労賞も贈呈される。受賞作品展では、多様な表現形態を含む受賞作品と、功労賞受賞者の功績を一挙に見ることができる。

 

アート部門大賞は小泉明郎《縛られたプロメテウス》

今年のアート部門の大賞は、小泉明郎によるVR/AR技術を駆使した体験型演劇作品《縛られたプロメテウス》。プロメテウスはゼウスから火(=テクノロジー)を盗み、人間に与えたことが原因で磔にされ、永遠の苦しみを受ける罰に処された。このギリシャ悲劇の物語『縛られたプロメテウス』を出発点に、文明社会においてさまざまに変奏されてきたテクノロジーと人間社会との緊張関係にフォーカスした本作では、ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者であり、自らの難病の啓発活動を精力的に行う武藤将胤が「現代のプロメテウス」を演じる。

二部構成となっており、ヘッドマウントディスプレイを装着した鑑賞者が、前半では没入型VR/ARを体験、後半では武藤の存在が明かされ、VR/ARに没入し、操作されてしまう人間の行動を批評的に眺めることになる。VR/AR技術を使用することにより鑑賞者の身体と知覚に介入し、難病当事者の視点と交錯させ、生きた感情とひとつになるような表現が目指されている本作について、審査員の八谷和彦は「演劇・VR・美術作品という本来融合させることがきわめて難しいものをひとつにまとめ、人間の持つ業とそれに救いを求める個人、そしてそれを取り巻く社会や未来を作品化した手腕は、今年度の大賞にふさわしいと審査委員のあいだで意見が一致した」と述べている。

あいちトリエンナーレ2019やシアターコモンズ’20で上演された本作の再演を待ち望んでいた方も多いのではないだろうか。

その他優秀賞にはAdrien M & Claire B(フランス)の《Acqua Alta – Crossing the mirror》、Nathan THOMPSON / Guy BEN-ARY / Sebastian DIECKE(オーストラリア)の《Bricolage》、See by Your Ears(代表:evala[日本])の《Sea, See, She – まだ見ぬ君へ》、Stefan TIEFENGRABER(オーストリア)の《TH-42PH10EK x 5》など。国内外の気鋭の表現はここでチェックしよう。

 

国際色豊かな各分野の顔ぶれ

エンターテインメント部門では、大賞に岩井澤健治の長編アニメーション作品《⾳楽》、優秀賞に劇団ノーミーツ(代表:広屋佑規[日本])のオンライン演劇「劇団ノーミーツ」、Jonathan HAGARD/Nova Dewi SETIABUDI/Andreas HARTMANN/Dewi HAGARD /KIDA Kaori/Paul BOUCHARD(フランス/インドネシア/ドイツ/日本)のVRアニメーション《諸行無常》、『らくがきAR』制作チーム(代表:宗佳広)のアプリケーション「らくがきAR」、近藤寛史の映像作品《0107 – b moll》。

アニメーション部門の大賞は、人気マンガをアニメ化した湯浅政明の《映像研には⼿を出すな!》、優秀賞は⽯⽴太⼀の《劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン》、佐藤順⼀/柴⼭智隆の劇場アニメーション《泣きたい私は猫をかぶる》、アンカ・ダミアン(ルーマニア)の《マロナの幻想的な物語り》、Marcos SÁNCHEZ(チリ)の《Grey to Green》。

マンガ部門では、大賞に⽻海野チカ《3⽉のライオン》、優秀賞に坂本眞⼀《イノサン Rouge ルージュ》、⼭本美希《かしこくて勇気ある子ども》、カレー沢薫《ひとりでしにたい》、⼩⽇向まるこ/原作:桜井美奈の《塀の中の美容室》。

功労賞は草原真知子(メディアアート・映像文化史研究者/キュレーター)、坂田文彦(ガタケット事務局代表)、さくまあきら(ゲームクリエイター)、野沢雅子(声優)。

関連イベントは決定しだい公式ウェブサイトで発表されるため、そちらもチェックしてほしい。

文化庁メディア芸術祭
開催期間:2021年9月23日〜10月3日
休館日:火
会場:日本科学未来館
サテライト会場:CINEMA Chupki TABATA、パナソニックセンター東京、スパイラルホール、 池袋HUMAXシネマズ、分身ロボットカフェDAWN ver.β(※会場への当芸術祭へのお問合せはお控えください。お問合せは事務局までご連絡ください)
入場料:無料
https://j-mediaarts.jp/festival/

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use