最終更新:2020年5月20日

MoMAが監修、オンラインでアートを学ぶ無料講座がスタート

4月14日、ニューヨーク近代美術館(MoMA)が監修する無料のオンライン講座がスタートした

大学の講義を無料で体験できるウェブサイト「Coursera(コーセラ)」で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)が監修する無料講座がスタート。毎週更新される全5回のコースとなっている。
https://www.coursera.org/moma

コースのラインナップは以下の8種類。

1:What is contemporary art?
現代アートとは何か?
2:Modern art and ideas
近代美術とアイデア
3:Seeing through photographs
写真を通して見る
4:Fashion as design
デザインとしてのファッション
5:In the studio: abstract post-war painting
スタジオにて:戦後の抽象絵画
6:Art & Activity: Interactive Strategies for Engaging with Art
アートとアクティビティ:アートと関わるためのインタラクティブな戦略
7:Art & Ideas: Teaching with Themes
アートとアイデア:テーマとともに教える
8:Art & Inquiry: Museum Teaching Strategies For Your Classroom
アートと探求:美術館で授業をするために

MoMAのキュレーター、アシスタントキュレーターらがそれぞれのコースを監修している。

Modern art and ideasの画面。イントロダクション、紹介映像に始まり、学習用素材などが並ぶ。コースに費やす目安時間も記されている

現在一番人気のコースは、近代美術がテーマの「Modern art and ideas(近代美術と思考)」。ビギナー向けとされるこのコースは、コレクションを紹介する映像、インタビュー、資料を通してアーティストの思考を探ろうというもの。

1週目の「Introduction to Modern Art & Ideas」はMoMAのウェブサイト上の読み物、ポッドキャストを活用し、受講者の知識を深める前の準備体操のような内容になっており、5週間にわたるプロラムの詳細はシラバスでもチェック可能。

Tokyo Art Beatでは、こうしたオンラインプログラムをまとめた記事を近日公開予定。春休みや週末を利用して、ぜひアートを楽しく学んでほしい。

受講画面。MoMAの豊富な資料が活用されている

AD

Art Beat News

Art Beat News

Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。

AD

AD