「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」展

原美術館(東京)

poster for 「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」展

このイベントは終了しました。

ヘンリー  ダーガー(1892〜1973)は、両親との早すぎる死別、知的障害という診断と施設への収容などを経て、青年期から81歳で亡くなるまでの間、完全な孤独の中で、膨大な量の物語と絵画を制作しました。人目に触れることもなく描きためられた作品群は、家主であり、自身も芸術家としてシカゴにおけるニュー バウハウスの中心的存在の一人であったネイサンラーナーに託され、その慧眼により、没後の損失を免れることになります。専門家による調査研究の機会を得て、現在、ダーガーの作品はアウトサイダー アートの専門館に収蔵されると同時に、展覧会が世界の主要な美術館へ巡回されるなど、近年ますます関心の高まるところとなっています。

本展は、ラーナー コレクションの中から、大作「The Battle of Calverhine」や自作の物語を描いた絵画15点(注1)、および想像上の王国の旗や架空の生き物を描いた小品約30点を選んで構成するもので、その多くが日本初公開となります。さらに、生前の孤独な暮らしぶりを伝える部屋を写真で紹介、また、生前には家主として精神的に支え、没後にはその才能を世に知らしめることに尽力したネイサン ラーナーの制作の一端も交え、孤高の表現者ダーガーの生きた軌跡を辿り、その内面に迫ります。ダーガーの作品は、戦争、平和、差別や命の尊さといった、まさに日本の現代社会が抱えるさまざまな問題を内包しています。本展は、その知られざる表現世界の紹介を通して、生きることの意味や芸術の役割について、改めて考える機会としたいと考えます。 

(注1:24イメージ、一部作品は両面に描かれています。)

ギャラリーガイド
日・祝日には当館学芸員によるギャラリーガイドを行います
(14:30より30分程度)

【画像:Henry Darger; Copyright: Kiyoko Lerner】

メディア

スケジュール

2007年04月14日 ~ 2007年07月16日

アーティスト

ヘンリー ダーガー

Facebook

Reviews

Kumiko Odaka tablog review

ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園

ダーガーの作品には得体の知れない不条理な魅力がある。この感覚をどうして言葉に置き換えればいいのでしょうか。言語化できない「何か」が、彼の作品に触れた時に生まれてくる、そう感じずにはいられない展覧会であった。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use