小谷元彦 「Hollow」

メゾンエルメス

poster for 小谷元彦 「Hollow」

このイベントは終了しました。

小谷元彦は1972年京都に生まれ、東京藝術大学美術学部彫刻科、同大学院美術研究科を修了し、現在は同大学で教鞭を取りながら東京を拠点に活動しています。1997年の初個展以来、国内外で精力的に作品を発表し、2003年には、ヴェネチア・ビエンナーレの日本代表作家にも選出されました。

小谷は、写真、映像、インスタレーションなど、多岐にわたる手法や素材を使って、人間の「痛覚」や、「変容」の瞬間を捉えるような数々の作品を発表し、身体を渦巻くダイナミズムを表現することに挑んでいます。今回、フォーラムで発表する新作では、人体像を媒介として、身体を取り巻く空気とその運動の可視化を試みます。空中では視覚として認識できない重力や浮力といった物理的な動き、あるいは身体の内から発せられる気やオーラのような精神的な現象など、我々の身体の内外には様々な動きが潜んでいます。例えば重力のベクトルが歪み、中空に放り出された場合、あるいは恍惚といった心身のエクスタシーに身を委ねた場合、その身体の描く形は通常の重力から開放され、次元を超えた異形へと導かれます。小谷が「Hollow」で造形するのは、その次元を超えた人体の残像です。分裂、反転、落下、浮上という動きは、彫刻として各パーツに解体され再構築されることで、人体のある瞬間の抜け殻のように漂います。

白い彫刻が発するうつろな空気は「Hollow」というタイトルそのものであり、その中へ足を踏み入れる者の重力のベクトルをも狂わせるかのようです。その空間に充満するエロスや痛みを通じて、我々は新たな身体感覚の覚醒や延長を体験するのです。

[画像:Skelton/2003/photo: Keizo Kioku /Courtesy of YAMAMOTO GENDAI]

メディア

スケジュール

2009年12月17日 ~ 2010年03月28日

アーティスト

小谷元彦

Facebook

Reviews

William Andrews tablog review

Year in Review: 2009

We look back at the gallery shifts and movements over the last twelve months, and some of the top exhibitions.

Sophie Knight tablog review

Angels and Demons in Ginza

Motohiko Odani's stunning new exhibition mixes gothic images of angels and myths.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use