「Tokyo Fiber '09 SENSEWARE」展

21_21 DESIGN SIGHT

poster for 「Tokyo Fiber '09 SENSEWARE」展

このイベントは終了しました。

日本の人工繊維は新たなSENSEWAREである。石器時代に石という素材が人間の創造性を目覚めさせたように、また、紙という媒質が印刷をはじめとする膨大な知の活性を誘い出したように、ハイテクノロジーで進化した人工繊維は人間にどのような創造を意欲させるだろうか。あるものは細胞のように繊細に、あるものはゴムよりもしなやかに、またあるものは金属のような電導性を備えて。この展覧会は、新しいSENSEWAREが拓いていく領域をヴィジュアライズする試みである。建築や諸分野のデザイーナー、クルマやハイテク家電メーカー、メディアアーティスト、植物アーティスト。果たしていくつの可能性をこの試みに呼び集めただろう。ものづくりのさらにその先へ向かって、技術、素材、才能が交差する。ここに覚醒される感覚の中に、具体的な未来を感じていただきたい。 ー原研哉、展覧会ディレクター

メディア

スケジュール

2009年09月18日 ~ 2009年09月27日

Facebook

Reviews

Maurizio Mucciola tablog review

Tokyo Fiber '09

Top designers descended on Roppongi for the opening night.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use