「六本木クロッシング2010:芸術は可能か?」展

森美術館

poster for 「六本木クロッシング2010:芸術は可能か?」展

このイベントは終了しました。

「六本木クロッシング展」は、今、最も注目すべき日本のアーティストやクリエーターを紹介する森美術館ならではのシリーズ展で3年に1回開催しています。第3回目となる本展では約20組が参加し、写真、彫刻、インスタレーション、映像作品、グラフィティー・アート、パフォーマンスなどをご紹介します。
2008年の金融危機を背景に世界的に将来の見通しがたたなくなっている今日、日本のアートの動向もまた不明瞭です。本展では、そんな時代こそ、アートの本質や可能性について考える絶好のチャンスと捉え、「芸術は可能か?」という問いを出発点に、現代社会のさまざまな問題を描くアート、他者との協働作業や既成ジャンルの横断により新しい可能性を見せるプロジェクト、私たちの日常があるストリートを舞台とする創作活動、そして新しい美学の誕生を予感させる新世代の表現などて、明日に挑む日本のアートの「今」を見つめます。

詳細、その他関連イベントにつきましては、サイトをご覧下さい.

メディア

スケジュール

2010年03月20日 ~ 2010年07月04日
5/4(火)は22:00まで 、3/27(土)は「六本木アートナイト2010」開催に伴い、翌朝6:00まで

Facebook

Reviews

Rebecca Milner tablog review

Paintings Now Are Garbage

...was the slogan and rallying cry raised by one speaker at a recent satellite talk event to the "Roppongi Crossing 2010" exhibition at Mori Art Museum.

Gary McLeod tablog review

Can there be art?

The "Roppongi Crossings" exhibition at the Mori Art Museum asks a brave question.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use