「ミュージアムコレクションⅢ - アフリカ現代美術コレクションのすべて - 」展

世田谷美術館

poster for 「ミュージアムコレクションⅢ - アフリカ現代美術コレクションのすべて - 」展

このイベントは終了しました。

1960年前後に相次いで独立して以来、さまざまな困難に直面しながらも、近年はめざましい経済発展を遂げているアフリカ諸国。美術に目を向けると、複雑で多様な歴史的・文化的背景をそれぞれに折り込みながら、精力的に作品を制作するアフリカ出身のアーティストが数多く登場しています。彼らの作品は1990年頃から欧米で注目され、2000年代以降はわが国でも急速に関心が高まっています。当館では早くからアフリカに注目してきました。1989年にガーナ出身のサカ・アクエの個展を、また1995年には西および中部アフリカ出身の作家たちに注目する「インサイド・ストーリー:同時代のアフリカ美術」展を開催し、それまでアフリカ美術の紹介といえば伝統的な仮面や神像、あるいは素朴な民衆絵画が中心だったわが国の動向に、一石を投じました。本展では、これらの展覧会をきっかけに収蔵した9作家の作品を一堂に展観します。
[関連イベント]
1. 100 円ワークショップ
日時: 11月17日~1月26日の毎土曜日 13:00~15:00
会場: 地下創作室
参加費: 1回100円
2. トーク「美術・音楽・文学にみるアフリカの今」
日時: 11月4日(日)14:00~15:00(開場13:30)
会場: 講堂
定員: 当日先着140名
登壇者: 川口幸也(立教大学教授)、聞き手=塚田美紀(当館学芸員)
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。
出展作家: サカ・アクエ、アナパ、ソカリ・ダグラス・キャンプ、ムスタファ・ディメ、エル・アナツイ、アブラデ・グローヴァー、アブドゥライ・コナテ、イッサ・サンブ、パスカル・マルチーヌ・タユ

メディア

スケジュール

2018年11月03日 ~ 2019年04月07日
12月24日・1月14日・2月11日は開館、12月29日〜1月3日、12月25日、1月15日、2月12日は休館

Facebook

Reviews

TABlog Editors tablog review

10 Things in Tokyo: April 2019

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援