「至近距離の宇宙 日本の新進作家 vol.16」

東京都写真美術館

poster for 「至近距離の宇宙 日本の新進作家 vol.16」
[画像: 齋藤陽道 〈せかいさがし〉より 2019年]

このイベントは終了しました。

「日本の新進作家」は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘し、新しい創造活動の展開の場として2002年より開催しています。第16回目となる2019年度のテーマは「至近距離の宇宙」です。 一般的に世の中では、家を出ないこと、遠くに行かないこと、広い世界を見ようとしないことは否定的に受けとられ、様々な国々へ出かける活動的なことは肯定的にとらえられる傾向にあります。その一方、近年では、インターネットで世界の隅々の風景を見ることができ、世界中のものを出かけることなく手に入れることができるほか、VRやホームシアターなどによって家にいながらリアルな臨場感や没入感を持って映像体験ができるなど、どこかに行かずとも何でもできることを、グローバル化とともに人々は積極的に受容しています。本展では、はるか遠い世界に行くのではなく、ごく身近な身の回りに深遠な宇宙を見いだし作品を制作する6名の作家をご紹介します。
[関連イベント]
1. 作家とゲストによる対談
12月20日(金) 18:00~19:30 濱田祐史×増田玲(東京国立近代美術館主任研究員)
12月21日(土) 15:00~16:30 齋藤陽道×イ・ラン(シンガー・ソングライター、作家) *手話通訳付き
会場: 12月20日(金)2Fロビー、12月21日(土)1階スタジオ
1月12日(日) 15:00~16:30 藤安淳×竹内万里子(批評家)
1月13日(月) 15:00~16:30 井上佐由紀×穂村弘(歌人)
1月18日(土) 15:00~16:30 相川勝×中尾拓哉(美術評論家)
1月25日(土) 15:00~16:30 八木良太×日下部一司(美術家)
会場:1階スタジオ
定員: 各回50名
*当日10時より1階受付にて整理券を配布いたします。 番号順入場、自由席。
2. 視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
日時: 12月15日(日) 、1月11日(土) 各日 10:30~13:00
対象: どなたでもご参加いただけます。
定員: 各日7名 事前申込制、先着順。応募者多数の場合は抽選
参加費: 500円
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2019年11月30日 ~ 2020年01月26日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援