「Cool Invitations 7」

XYZ collective

poster for 「Cool Invitations 7」

このイベントは終了しました。

毎年恒例の「Cool Invitations 」です。今年で7回目となりました。今年は、早々にコロナの感染拡大防止対策で休業を余儀なくされるなど、世界的にも困難な幕開けとなりました。そんな中いつもと開催の季節こそ違いますが、今年も淡々とこの小さなプロジェクトが遂行されます。

「クールインヴィテーションズ 」展とは
「クールインビテーションズ」
デジタル化の波に押しやられ、招待状が紙で届くのが古くさい時代になりましたが、招待状を送るという機能はメールになってもまだ残っています。この展覧会にて、訪れた人がコレクション展示された招待状を見て、さまざまな過去の展覧会を思い出してもらえたら嬉しいです。その時に紙の招待状は、展覧会の一部の役目を果たしている事になるからです。恒例になった展覧会の参加者には、まったくの想像上の招待状を考える事をお願いしました。不可能でも可能でもある展覧会、単なる夢の招待状、これらの「想像の展覧会の招待状」は、アートに関わる人なら誰でも考える事ができます。

本展覧会は、XYZ Collectiveの活動繁栄のために行われるベネフィット展覧会です。アーティストが手がけた作品としての招待状を販売いたします。日本では、まだ完全にコマーシャルギャラリーではない、XYZ Collectiveのようなアーティストランスペースが活動していくのは、非常に難しい課題です。

このベネフィット展を通し、昨年の海外での活動が活性化しました。主な活動に、プラハで開催されたギャラリーシェア企画「Friend of a Friend」に参加、ベルギーのギャラリーラ・メゾン・デ・ランデブーにてグループ展「Tokimeki Memorial」を企画、ウィーンのギャラリーGuimaraesにて2人展「ジリ・コバンダと井出賢嗣」を企画、アートフェアは10月に開催のパリインターナショナーレと12月のマイアミで開催のNADAアートフェアプロジェクトブースに参加しました。

常に日本のアーティストを国際的なプロジェクトに招聘する役目も担っています。また国内の活動としては、堀ななみや今井麗の個展を開催するほか、松原壮志朗とナオキ・シュッタ・シュドウ(ロサンゼルス在住)の2人展などを開催しました。今年は、早くも2月に開催された現代美術商協会主催の「CADAN:現代美術」展に出展したほか、中野浩二の個展を開催するなど、世界全体が困難な状況の中でも活動を継続しています。

メディア

スケジュール

2020年06月14日 ~ 2020年07月05日
月曜日から水曜日は休館、開館時間 13:00〜18:00、土曜日は17:00まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援