「再現 女性の服装1500年 - 京都の染織技術の粋 - 」

文化学園服飾博物館

poster for 「再現 女性の服装1500年 - 京都の染織技術の粋 - 」

12日後終了

平安遷都以降、貴族や武家、そして裕福な町人の華やかで贅沢な衣生活を支えたのが、都の職人たちでした。応仁の乱で京が一時灰燼に帰すことがあっても、職人たちはこうした苦難を乗り越え、新たな染織技術を次々に生み出して現代に至っています。しかしその間、京都の染織が一時期低迷することもありました。昭和6年(1931年)、京都の染織業の振興を図るために行われたのが京都染織祭でした。本展覧会では、当時の京都の染織技術を結集して復元された、古墳時代から明治時代に至る女性の衣服を展示して日本の女性の服装の1500年をたどるとともに、当館所蔵の江戸時代後期から昭和時代初期の優品を通して京都の染織技術の真髄を感じていただきたいと思います。

前期: 7月15日〜8月6日
後期: 8月18日〜9月28日

メディア

スケジュール

2021年07月15日 ~ 2021年09月28日
8月7日から17日は夏期休館、7月18日は開館

入場料

一般 500円、大学生・専門学校・高校生 300円、小学生・中学生 200円、障害者手帳提示と付き添い 無料

アートスペースの開館時間

10:00から16:30まで
日曜・祝祭日休館
金曜日は、会期中2回のみ19:00まで開館(要電話確認)、展示替期間・夏期・年末年始休館

アクセス

〒151-8529 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1F
電話: 03-3299-2387 ファックス: 03-3299-2602

JR新宿駅南口より徒歩9分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use