「みみをすますように 酒井駒子」展

PLAY!

poster for 「みみをすますように 酒井駒子」展
[画像: 酒井駒子『まばたき』原画(岩崎書店、2014年)]

このイベントは終了しました。

※PLAY! MUSEUMは6月1日(火)より再開します。

『よるくま』『金曜日の砂糖ちゃん』(いずれも偕成社)などで知られる絵本作家・酒井駒子。子どもや動物、情景の繊細な描写と、絵と響き合う詩的な文が多くの人々を魅了してきました。ブラチスラバ世界絵本原画展での金牌、オランダ「銀の石筆賞」を受賞するなど、海外でも高い評価を得ています。

本展は、酒井駒子初となる本格的な個展です。これまでに刊行された20冊を超す絵本を中心に、約200点の原画を厳選。「ひみつ」「はらっぱ」「くらやみ」「こども」などのキーワードに分けて空間を構成します。会場内には、酒井が制作を行う山のアトリエ周辺の映像や音、酒井が大切にしている小さなおもちゃやオブジェを配します。森の中、街の中をゆったりとめぐりながら、絵とことばに出会う、そんな新しい体験を提供する展覧会です。

本展は、2021年夏に横須賀美術館(神奈川)、その後全国を巡回予定です。チラシやポスター、図録のデザインは、『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)のブックデザインを手掛けたcozfish(祖父江慎+藤井瑶)が担当。会場ディスプレイは京都在住のフランス人ユニット2m26が手がけます。

メディア

スケジュール

2021年04月10日 ~ 2021年07月04日
平日は10:00〜17:00

アーティスト

酒井駒子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use