「美術館の春まつり」

東京国立近代美術館

poster for 「美術館の春まつり」

このイベントは終了しました。

東京国立近代美術館は皇居や千鳥ケ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地しており、散策で巡るにも絶好のロケーションにあることから、春にちなんだ催しで皆さまをお迎えします。題して「美術館の春まつり」。美術館で味わう春を、どうぞご堪能ください。

◯所蔵作品展「MOMATコレクション」 (会期:3月23日- 5月16日)※花の作品の特集は5月16日まで
花々を描いた名品を、会場の一室に集めました。桜を描いた名作、川合玉堂《行く春》(重要文化財)、しだれ桜ほか40種類を超える桜が描かれた跡見玉枝《桜花図巻》や安田靫彦《木花之佐久夜毘売このはなのさくやひめ》、船田玉樹《花の夕》、さらに川瀬巴水など「新版画」における桜、染織として釜我敏子《型絵染着物 春の野》など、春を彩る作品が皆さまをお待ちしています。

そのほか、岸田劉生や安井曽太郎、セザンヌなどおなじみの作品も。千鳥ヶ淵はじめ周辺に咲きほこる桜との競演を楽しみながら、自分だけの花をみつける散策にお出かけください。

◯同時開催 企画展「あやしい絵展」 (会期:3月23日-5 月16日)

メディア

スケジュール

2021年03月23日 ~ 2021年04月11日
金曜日・土曜日は20:00まで

アーティスト

川合玉堂跡見玉枝船田玉樹

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use