大城夏紀 「鳥が鳴いて私は涙する」

KATSUYA SUSUKI GALLERY

poster for 大城夏紀 「鳥が鳴いて私は涙する」

このイベントは終了しました。

KATSUYA SUSUKI GALLERYでは6月19日(土)から7月18日(日)まで、大城夏紀による個展「鳥が鳴いて私は涙する」を開催いたします。

早稲田大学第二文学部卒業後、阿佐ヶ谷美術専門学校を経て2012年東京造形大学大学院造形研究科美術研究領域修了という異色の経歴をもつ大城は、日々の生活の中に潜むルールや制度、構造を抽出し、そこに言葉や色彩を纏わせる事で、対象の持つ本来の意味から距離感やギャップを生み出し、物事の構造や本質を再定義する制作活動で、これまで庭園や駅、工業製品などをモチーフとした作品を発表してきました。

また、2018年11-12月 シェル美術賞第1回レジデンス支援プログラムによるパリ(Cite international des arts)での滞在制作をきっかけに、近年では自作の模様を取り入れた絵画を空間的に展開する試みを行っています。

この度、大城にとって3年ぶりとなる個展「鳥が鳴いて私は涙する」では、万葉集を編纂したと伝えられている大伴家持の和歌をモチーフに、和歌を通して大伴家持の見た風景や言葉を通して見えてくる視点を再構築し、万葉の時代から1200年という長い月日を積み重ねてきた現在の視点との繋がりを模索します。

また併せて、現代の詩人・哲学者の下西風澄氏の詩をモチーフにした小作品も展示されます。

メディア

スケジュール

2021年06月19日 ~ 2021年07月18日

アーティスト

大城夏紀

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use