「浮世絵風景画 - 広重・清親・巴水 三世代の眼 - 」

町田市立国際版画美術館

poster for 「浮世絵風景画 - 広重・清親・巴水 三世代の眼 - 」
[画像: 歌川広重「東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景」天保4-5年(1833-34)頃、町田市立国際版画美術館蔵【前期】]

このイベントは終了しました。

江戸の歌川広重(うたがわひろしげ、1797-1858)、明治の小林清親(こばやしきよちか、1847-1915)、そして大正から昭和の川瀬巴水(かわせはすい、1883-1957)――各時代に優れた風景版画を制作した三人の絵師・画家を紹介します。

江戸後期の浮世絵界では、旅や名所に対する関心の高まりを背景に「風景」が「美人」「役者」と並ぶ人気ジャンルとして大きく花開きました。その第一人者である広重は、四季豊かな日本の風土を数多くの「名所絵」に描き、後世の絵師たちに大きな影響を与えていきます。その後、明治初期には清親が「光線画」と呼ばれる風景版画を発表。文明開化後の東京を繊細な光と影で表し、名所絵に新たな表現をもたらしました。そして大正期、すでに浮世絵がその役目を終えたころ、伝統木版画の技術をよみがえらせた「新版画」の制作が開始されます。その代表的な画家である巴水は、関東大震災前後の東京や旅先の景色を抒情的にとらえ、風景版画の系譜を継いでゆきました。

本展では、変わりゆく日本の風景を「三世代の眼」がどのようにみつめ表現してきたのか、その違いを対比しながら、時代を超えて響きあう風景観や抒情性に着目します。どこか懐かしい、100年にわたる日本の風景を、旅するようにご堪能ください。

前期:7月10日(土)~8月9日(月・振休)
後期:8月12日(木)~9月12日(日)

メディア

スケジュール

2021年07月10日 ~ 2021年09月12日
8月9日は開館、8月10日・11日は休館

アーティスト

歌川広重小林清親川瀬巴水

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use