「ストーリーはいつも不完全……」「色を想像する」 ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展

東京オペラシティ アートギャラリー
終了しました

アーティスト

ライアン・ガンダー、小山穂太郎、ミズ・テツオ、三宅一樹、白髪一雄
※東京オペラシティアートギャラリーは、安全のための措置を充分に講じたうえ、6月1日[火]より再開し、「ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展」「project N 82 松田麗香」の会期最終日を6月20日[日]から6月24日[木]に延長します。また、6月中の月曜日(7日、14日、21日)はお客様の来館分散のため臨時開館といたします(会期中の休館日はございません)。

イギリスを拠点に活動し、国際的な注目を集めるライアン・ガンダーが東京オペラシティアートギャラリーの収蔵品展を手掛けます。イギリスのロックダウにより当初予定されていたガンダー自身の個展の開催延期を決めた際、ガンダーから「この状況で僕にできることはないだろうか」との申し出があり、当初上階で予定していた「ガンダーによる収蔵品展」を全館で開催します。本コレクションは故・寺田小太郎のプライベート・アイ・コレクションであり、ガンダーと寺田との一対一の会話ともいます。3階の「ストーリーはいつも不完全……」では薄明りの中、懐中電灯を持って作品を鑑賞していただきます。また4階の「色を想像する」では、モノトーンの作品を集め、壁一面上下左右に絵画をかけるサロンスタイルになっています。「見る」ということをこれ以上なく意識させるガンダーのキュレーションをお楽しみください。
会場: 3F ギャラリー1・2、4F ギャラリー3・4

スケジュール

2021年4月17日(土)〜2021年6月24日(木)

開館情報

時間
11:0019:00
休館日
月曜日
月曜日が祝日の場合は開館し翌火曜日休館
年末年始休館
備考
5月3日は開館
入場料一般 1000円、大学生・高校生 600円、中学生以下無料
展覧会URLhttp://www.operacity.jp/ag/exh239/
会場東京オペラシティ アートギャラリー
http://www.operacity.jp/ag/
住所〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2
アクセス京王新線初台駅東口より徒歩3分、小田急小田原線参宮橋駅より徒歩11分、都営大江戸線西新宿五丁目駅A2出口より徒歩12分
電話番号050-5541-8600 (ハローダイヤル)
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します