[画像: 佐内正史「Shizuokashi, #1」、Cプリント © Masafumi Sanai]

佐内正史 「静岡詩」

amanaTIGP
終了しました

アーティスト

佐内正史
amanaTIGPでは、9月22日(金)から10月28日(土)まで、佐内正史の個展「静岡詩」を開催いたします。amanaTIGPでの初個展となる本展では、1990年代から2023年にかけて、静岡市とその周辺で撮影された作品約15点を展示いたします。本展は、今年7月から8月にかけて静岡市美術館で開催された同名展覧会の巡回展です。

1995年に写真新世紀優秀賞を受賞し、1997年に多くの反響を呼んだ写真集『生きている』でデビューした佐内は、明確なメッセージを持たない写真で注目を集め、90年代を代表する写真家の一人として高く評価されています。

部屋の片隅、道端のガードレール、車、食事、といった日常生活でよく目にする光景が鮮明に写された写真でありながら、佐内の作品はいつも曖昧で、捉えどころがないように感じられます。スナップ写真の主流とされていた心象風景や社会、時代の記録とは一線を画す、叙情的でも叙事的でもない風景を撮影することでスナップ写真の新領域を開拓しました。

佐内は一貫した作風で、断続的に地元の静岡市とその周辺を20年以上に渡って撮影してきましたが、今日に至るまでそれらを作品として発表したことはありませんでした。ネガのまま長期にわたって保管されていた写真群は、静岡市美術館の企画を契機にこの度新作と織り交ぜて発表する運びとなりました。長年撮りためてきた静岡での作品を2023年まで発表しなかった理由として、作家は地元で撮影することの「重さ」があったと言います。

「写真そのものの個性」を常に意識し、作家の個性を束縛だと考える佐内は、少年時代の記憶と密接に結びついている風景を撮影することに抵抗感を持っていました。しかし、重苦しさは撮影の回数を重ねていくことで徐々に軽くなっていったようです。自身にとって郷愁的だった風景は普遍的な日常の風景に変わり、そうした写真群は鑑賞者それぞれの記憶に基づいた風景を想起させるでしょう。

人間の視覚経験を瞬時に記録できる写真というメディアは、撮影者が感じた時間やその場の空気を手早く反映します。その性質に魅了された多くの写真家は、自身の意図が介在する物語を生み出してきました。佐内は作品に宿る作家の存在感を自然に抑えることで写真に包容力を見出し、それを「写真のやさしさ」と評しています。こうしたアプローチによって構成された作品群と対峙するとき、目の前に佇む画面を目にしながら、同時に鑑賞者自身が生み出した風景もまた浮かび上がるのです。

本展の開催に合わせ、作品集『静岡詩』が刊行されます。

スケジュール

2023年9月22日(金)〜2023年10月28日(土)

開館情報

時間
12:0019:00
休館日
月曜日、日曜日、祝日

オープニングパーティー 2023年9月22日(金) 18:00 から 20:00 まで

入場料無料
展覧会URLhttps://www.takaishiigallery.com/jp/archives/30589/
会場amanaTIGP
http://www.takaishiigallery.com/
住所〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル2F
アクセス東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩8分、東京メトロ南北線六本木一丁目駅1番出口より徒歩8分
電話番号03-6447-1035
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します