「虫めづる日本の人々」

サントリー美術館
終了しました

アーティスト

伊藤若冲、喜多川歌麿、増山雪斎、土田麦僊、鈴木華邨
サントリー美術館は、2023年7月22日(土)から9月18日(月・祝)まで「虫めづる日本の人々」を開催いたします。

日本美術の特色のひとつとして、草木花鳥が古来大事にされてきたことが挙げられます。そして、それらと比較すると小さな存在ではあるものの、虫もまた重要なモチーフでした。現代において昆虫と分類されるものだけでなく、例えば、蜘蛛、蛙、蛇などの、うごめく小さな生き物たちも虫として親しまれ、物語や和歌、様々な美術作品に登場します。特に蛍や、鈴虫などの鳴く虫は愛好され、深く物語と結びついていた様子が源氏絵や伊勢絵などから伝わってきます。また、草花や虫を描き吉祥を表す草虫図が中国からもたらされ、中世から長く日本で珍重され、多くの絵師たちにも影響を与えました。

江戸時代に入ってからは、本草学(ほんぞうがく)の進展や、古画学習、俳諧などの文芸の影響を受けて、草虫図という範疇には収まらない多彩な虫の絵が生み出されます。そして、江戸時代中期以降には、虫聴(むしきき)や蛍狩(ほたるがり)が娯楽として市井の人々に広まり、やがて江戸の年中行事となりました。この文化は近代、現代においても受け継がれています。

日本の虫めづる文化は、長きにわたって育まれてきましたが、大衆化が進んだ江戸時代をピークのひとつとすることは出来るでしょう。そこで、本展では特に江戸時代に焦点をあて、中世や近現代の「虫めづる日本の人々」の様相に触れつつ、虫と人との親密な関係を改めて見つめ直します。

スケジュール

2023年7月22日(土)〜2023年9月18日(月)

開館情報

時間
10:0018:00
金曜日・土曜日は20:00まで
8月10日、9月17日は20:00まで
9月12日は18:00まで
休館日
火曜日
展示替期間・年末年始休館
※展覧会により異なる場合があります
入場料一般 1500円、大学生・高校生 1000円、中学生以下 無料
展覧会URLhttps://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2023_3/index.html
会場サントリー美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/
住所〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア 3F
アクセス都営大江戸線六本木駅8番出口より直結、東京メトロ日比谷線六本木駅直結、東京メトロ千代田線乃木坂駅3番出口より徒歩約3分
電話番号03-3479-8600
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します