rhizomatiksの大規模個展: 「ライゾマティクス_マルティプレックス」が東京都現代美術館で開催

ビョーク、Perfume、野村萬斎らとのコラボレーションなど多数の実験的なプロジェクトを行ってきたライゾマが、2021年3月に東京都現代美術館で個展を開催

In Art Beat News by Art Beat News 2020-12-16

2021年に設立15周年を迎えるrhizomatiks(ライゾマティクス)。彼らの美術館における初の大規模個展が、2021年3月20日〜6月20日に東京都現代美術館で開催される。会期中には、トークや双方向性の参加型イベントなどの開催を予定している。

野村萬斎×真鍋大度《FORM》2017年1月2日〜3日 東京国際フォーラム

ライゾマティクス(以下、ライゾマと表記)は、アイデア、ハード/ソフト開発からオペレーションに至るまでチームが一貫して取り組むフルスタック集団。常に人とテクノロジーの関係を探求し、世界的に活躍するアーティストであるビョーク、スクエアプッシャー、Perfume、狂言師・野村萬斎や研究者らとのコラボレーションに加え、多様な視覚化や問題提起型のプロジェクトを通して、技術と表現の新しい可能性を追求してきた。

本展では、彼らが展開してきた領域横断的なクリエイションを展望するとともに、「現在」とクリティカルにシンクロする新作プロジェクトを展示。オンライン上にもハイブリッドに展開する新作やアーカイブを通して、絶え間なく変化する世界と同期する彼らの卓越した試みを複合的(=multiplex)に呈示される。

展覧会のみどころ

1. データの視覚化
VUCA(変化しやすい、不確実、複雑、曖昧)な現代社会の出来事を捉え、翻訳共有することはアートの重要な役割である。ネットワーク上の不可視な事象を、感情やデータをテーマに可視化するインスタレーションを呈示する。

Daito Manabe + Yusuke Tomoto + 2bit《chains》2016年

2. フィジカルパフォーマンス、未知の身体の創出
ELEVENPLAYやPerfumeとのコラボレーションなど、秀逸なビジュアルデザインとプログラミングによって生成される身体パフォーマンスを、動きや空間と観客とを結びつけるメディアに変容させ、未知の身体を創出させる。

Perfume《Reframe 2019》2019年

Rhizomatiks Research×ELEVENPLAY×Kyle McDonald《discrete figures Special Edition》2019年10月6日 札幌文化芸術劇場 hitaru

3. ソーシャルディスタンスのためのシステム
緊急事態宣言以前よりライゾマが取り組んできた「StayingTOKYO」や、リアル空間と同じ音や距離感覚の再認識をもたらす「SocialDistancingCommunicationPlatform」等のソーシャル・プラットフォームを紹介する。

ライゾマティクス「Staying TOKYO」2020年

4. ハードウェアと映像、インタラクションの共存するインスタレーション
ハードウェアの制御とプログラム、ロボットを用いた空間的な新作など、オンラインだけでもオフラインだけでも成立しえない、バーチャルとリアルの領域を往来するハイブリッドなインスタレーションを構築する。

ライゾマティクス「Lucid Motion by Daito Manabe ×Rhizomatiks Research」2019年

5. 新作やアーカイブを含む、現代に対するクリティカルな提言
SNSを通じて集められる個人データの問題、ボーダーという概念から「入会地―コモンズ」への考察、機械学習によって成立する観客参加作品など、メイキングやアーカイブ展示を含め、クリティカルな提言を試みる。

坂本龍一 + 真鍋大度《センシング・ストリームズ-不可視、不可聴》2014年

Daito Manabe + Motoi Ishibashi《particles》2011年

■展覧会概要

会期:2021年3月20日〜6月20日
休館日:月曜日(5月3日は開館)、5月6日

開館時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)

観覧料:一般1500円/大学生・専門学校生・65歳以上900円/中高生500円/小学生以下無料 ※予約優先チケットあり

会場:東京都現代美術館 企画展示室 地下2F

ウェブサイト:https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/rhizomatiks/

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use