ルイ・ヴィトン×アーティストらのコラボレーションの歴史を辿る:「LOUIS VUITTON & 」が原宿で3月開催へ

ルイ・ヴィトンのコラボレーションの歴史をたどる展覧会が開催

In Art Beat News by Art Beat News 2021-02-16

磯崎新、川久保玲、ザハ・ハディッド、シンディー・シャーマン、フランク・ゲーリー、リチャード・プリンス、村上隆……各界を代表する、そうそうたる顔ぶれの共通点は、ルイ・ヴィトンとのコラボレーション経験があること。

3月19日、クリエイティブな交流やアーティスティックなコラボレーションを重ねてきたルイ・ヴィトンの約160年におよぶ歴史を紹介する展覧会「LOUIS VUITTON &」が開幕する。

先見性に富んだ日本のアーティストたちとメゾンの間で絶えず育まれてきた敬意とインスピレーションの歴史にフォーカスを当てる本展。主要テーマのひとつは、山本寛斎、藤原ヒロシ(FRAGMENT DESIGN)、草間彌生、NIGO®をはじめとする、日本の数多くの著名アーティストや国際的に活躍する人々たちを讃え、彼らとルイ・ヴィトンとのコラボレーションを一堂に紹介することだ。

展覧会の会場は10の没入型スペースで構成され、20世紀初頭に製作された特注トランクやルイ・ヴィトンの孫であるガストン-ルイ・ヴィトンがデザインした美しいウィンドウ・ディスプレイが人々を迎える。そして、カール・ラガーフェルド、シンディー・シャーマン、川久保玲、フランク・ゲーリーといった現代を代表するクリエーターによるアイコニックな「モノグラム」を再解釈したバッグや磯崎新、リチャード・プリンス、ザハ・ハディッドといったアーティストとのオリジナルコラボレーションや彼らに制作を委託したクリエーション、アイコニックなバッグを現代のアーティストたちが解釈する「アーティー カプシーヌ コレクション」、伝統的なトランク製作、村上隆の「スーパーフラット」コレクションのアート作品に至るまで、多種多様なコラボレーションが集結する。

本展で披露されるクリエーションの共通点は、サヴォアフェール(匠の技)とイノベーションに対するオマージュ。時代を越えた才能とコラボレーションの妙を堪能してほしい。

■展示概要
LOUIS VUITTON &
会期:2021年3月19日〜5月16日(予定)
住所:東京都渋谷区神宮前6-35-6 jing
時間:10:00〜20:00(最終入場19:30)*厳選されたルイ・ヴィトン製品を取扱う特別なストアも併設。
入場料無料
要事前予約(オンライン予約サイト3月初旬オープン予定)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use