「No Man’s Land」展

フランス大使館

poster for 「No Man’s Land」展

このイベントは終了しました。

在日フランス大使館は、11月上旬に同敷地内に建設された新館に移転いたしました。これに伴い、解体が決定している旧館の施設を活用し、日仏の文化交流発信の場となるユニークなアートイベントを開催いたします。この企画は、取り壊される前のフランス大使館旧館に
入館できる最後の機会です。

イベントのタイトルは「No Man’s Land(ノー・マンズ・ランド)」。建物が解体されるからこそ実現できるウォール・ペインティングや解体廃材を用いて創られたオブジェの展示など、 アーティスト達が自由に空間を創りあげます。作品は事務室、廊下、資料室、階段、地下室、中庭などあらゆる空間に展示されます。ほとんどの作品は現場で制作され、何人かのアーティストは会場にアトリエを設け創作活動を続けることで、鑑賞者とアートの新しい形のコミュニケーションを提案します。

70名を超える、国際的に有名な、あるいは頭角を現し始めたフランスおよび日本のアーティスト達や、様々なクリエーション活動に携わる日仏の学生達が参加を予定し、ヴィジュアル・アート、ファッション、デザインや建築など、多様なジャンルのアート作品が展示されます。また、イベント運営についても企業や学校などの教育機関、NPO法人など様々な機関・団体の協力で実現いたします。

通常、大使館はビザ手続き以外では入館できない場所です。しかし、このイベントでは建物と敷地を一般の方々に無料で開放することで、多くの来館者を迎える開放的な場にしたいと考えました。さらに、多様なアート作品の展示だけでなく、カフェテリア、ブックショップ、子供向けの教育的なワークショップなどの開催も予定しており、日ごろアートに触れる機会がない方や、家族連れの方にも十分に楽しめる企画を用意しています。

メディア

スケジュール

2009年11月26日 ~ 2010年02月18日
木〜日 10:00-18:00、休館: 月〜水

Facebook

Reviews

Katrina Grigg-Saito tablog review

Entering No Man's Land

An extraordinary project sees the old French Embassy in Tokyo transformed.

TABuzz tablog review

TABuzz #11 with Shai Ohayon

Our Guest Blogger gives their recommendations on what’s hot in our new regular column.

William Andrews tablog review

Year in Review: 2009

We look back at the gallery shifts and movements over the last twelve months, and some of the top exhibitions.

yumisong tablog review

「No Man’s Land」展

70名を超えるアーティストと解体される旧フランス大使館の建築物が作る、展覧会

TABuzz tablog review

TABuzz #10 with Shai Ohayon(キュレーター)

毎回ゲストのまわりのBuzzWordsを聞くコーナー。今回は東京に拠点を移したばかりのインターナショナル・キュレータの彼。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use