MyTAB Best Exibitions 2009

MyTABユーザーのおすすめ情報を集計。今年のベスト展覧会を発表

poster for Verner Panton Exhibition

ヴェルナー・パントン 展

新宿エリアにある
東京オペラシティ アートギャラリーにて
このイベントは終了しました。 - (2009-10-17 - 2009-12-27)

poster for

「ICC・オープン・スペース 2009」展

新宿エリアにある
NTTインターコミュニケーション・センターにて
このイベントは終了しました。 - (2009-05-16 - 2010-02-28)

In Spotlight TAB TABからのお知らせ 特集記事 by Rie Yoshioka 2009-12-28

MyTABユーザーが選ぶ 2009年展覧会 Best 15

今年も様々な展覧会が企画されました。イベント情報やスペースをブックマークできるMyTABで、ユーザーのリコメンドが多かった順にベスト15までを発表します!

4月4日-7月5日に開催された「万華鏡の視覚」展 森美術館

1 万華鏡の視覚 [♥66]
2 名和晃平 「L_B_S」 [♥60]
[レビュー1] [レビュー2]
2 池田亮司 +/- [the infinite between 0 and 1] [♥60]
[レビュー] [長谷川祐子キュレーターインタビュー]
2 アイ・ウェイウェイ 「何に因って?」[♥60]
5 ジム・ランビー 「アンノウン プレジャーズ」 [57]
6 ネオテニー・ジャパン -高橋コレクション [54]
7 「骨」展 [50]
8 鴻池朋子 「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」[45]

[レビュー] [アーティストインタビュー]
9 第12回 メディア芸術祭 [39]
10 ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー 展 [38]
10 ICC・オープン・スペース 2009 [38]
12 ステッチ・バイ・ステッチ:針と糸で描くわたし [36]
13 アーティスト・ファイル2009 -現代の作家たち [35]
14 6+ アントワープ・ファッション [34]
15 ヴェルナー・パントン 展 [32]

(2009.12.21 現在)

定評の高いアーティストの個展が多数を占める結果でした。その中で、「骨」展や刺繍をテーマにした「ステッチ・バイ・ステッチ」展といった馴染みやすいテーマに工夫を凝らし取り組んだ企画展がランクイン。
また、森美術館やオペラシティ アートギャラリーを始め都内の主要美術館で開催された展覧会のランクインが多い中、2位に入ったのは、メゾン・エルメスで開催された名和晃平「L_B_S」展。10位に入ったジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー 展を始め、定評のある企画展を開催しているギャラリーです。
13位に入った「アーティスト・ファイル」展は、国立新美術館が国内外でいま最も注目すべき活動を展開する作家を選抜、紹介する毎年恒例の企画展です。2010年は、福田尚代、石田尚志、桑久保徹、アーノウト・ミック、南野馨、O JUN、斎藤ちさとの7名が選ばれています(2010/3/3-5/5 開催)。

MyTABで今年人気のあった展覧会ベスト15。皆さんが今年印象的だった展覧会と比べてみてどうでしたでしょうか。MyTABを使うと、見たい展覧会をブックマークできるほか、それらの展覧会の開始/終了をお知らせするメール配信機能、ブログパーツが利用できるようになります。

また、MyTABアカウント情報を公開すると、自分がブックマークした展覧会のリストを共有することができます。今どのような展覧会がやっているか、どの展覧会を見ようか迷ったときには、人気がある展覧会をチェックする他に、MyTAB公開ユーザーの中で、好きなジャンルが似ている人が注目しているリストをチェックするという使い方がおすすめです。活用してくみてださい!

Rie Yoshioka

Rie Yoshioka. 富山生まれ。IAMAS(情報科学芸術大学院大学)修士課程メディア表現研究科修了。アートプロデューサーのアシスタントを経て、フリーランサー。エディター、ライターとして活動するほか、展覧会企画、アートプロジェクトのウェブ・ディレクションを務める。yoshiokarie+tab[at]gmail.com ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use